最新のトラックバック
ユニコーン wao
from ユニコーンが好きだから♪
スペイン語の単語学習
from スペイン語の単語学習
個人旅行
from ホテルマニア
手強いぞカステジャーノ
「その言い方はブエノスアイレスでは使いません」

と一刀両断される度に生徒たちに戦慄が走る(マジで)。
ここのスペイン語が他所と違うところは単に発音の問題だけでは無い。スペイン語は対話者に対しての口の聞き方に2種類ある。もちろん日本語にもそれは言えて「貴方」と「お前」の2種類みたいなものがあって、それに応じて動詞の活用形が違う。日本語の場合、「貴方」はいつまでも「貴方」であることが多いのだが、スペイン語の場合はよっぽど目上の人でない限り「貴方」と使い続けることは稀で、会話が少し進むと親であれ先生であれ皆「お前」呼ばわりになってゆく。「貴方」→「お前」になるだけならまだ良いのだが、それに応じる活用形があるために「お前用」の動詞の活用形を憶えなければならない。当然グァテマラ滞在中にそこら辺は尿から血が出るほど憶え込んできたのだが、中南米通して唯一ここアルゼンチンは「お前用」の動詞活用形が全く違う。ちょっとだけだが全く違う。それが我々レベル3の生徒たちを酷く悩ませる。
例えて言うならば、他所の方言に無理矢理矯正させられているような感じだ。「なんでー?」と聞き返していたのを「なんでやねん」と言うように直されているような感じだ、個人的に。そこら辺、学生時代京都にて関西弁の習得を即諦めた人間としては不安が大きい。

そしてもう1つ。
アルゼンチンには「ルンファルド」と呼ばれる独特の語群が多く存在する。これまで「マイナー」として憶えて来た単語がここでは「メジャー」であったり、新たに憶え込まなくてはならなかったり。夏期集中特別コース・レベル3はそういったものに慣れるだけで終始してしまいそうだ。
[PR]
by na1jp | 2006-01-12 06:13 | アルゼンチン共和国
<< え~んキモいよお… 学校始まる >>
トップ
人生が冗談で終わればいいと思ってる人間のブログです。
by na1jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧