最新のトラックバック
ユニコーン wao
from ユニコーンが好きだから♪
スペイン語の単語学習
from スペイン語の単語学習
個人旅行
from ホテルマニア
言えない言葉
自分1人で勉強するときは日本から持ってきたスペイン語のテキスト・辞書を頼りにせざるを得ないのですが、これはスペインのスペイン語に準拠しています。こいつを使ってカリカリと頭でっかちになってゆくと、知らぬ間にアルゼンチン人が聞いて「ん~??」と感じてしまうような単語や言い回しをしていることが多々あるようです。

で、そこら辺はアルゼンチンで生活してゆく以上、生きたアルゼンチンのスペイン語に変換してゆかなくてはなりません。よくヨーロッパでスペイン語をかじって来た人が混乱したりキレたりしてるんですけど、やはりここはエスパーニャじゃありませんから。郷に入れば郷に従え、というわけで頭を脱脂綿のようにして吸い込んでゆくしかないのです。

それから親密に話をするとき、砕けた言葉、例えばスラングのようなものが必要不可欠だと思います。でも、私みたいな(?)控えめな日本人にとって「砕けた話し方をする」というのは結構大変な仕事なんですよ…。

「この言い方はこの人に対しては失礼には当たらないだろうか?」

なんて考え過ぎて、会話のリズムを悪くしてしまったりすることがよくあります。相手はなんにも気にしてなかったりするんですがね。

楽しくお喋りをするためにはまだまだ経験が足りない私ですが、知っていながらどうしても使えない、使う機会が無い言葉があります。それは、

「Che(チェ)」

です。アルゼンチン独特の言葉で日本語の「ねえ・あのさあ」に相当すると思われます。これは相手の注意をひきつけるときに単発でも使えるし、質問の最後なんかに付け加えてることもあります。とにかく街を歩くとそこかしこから「チェーチェー」言う声が聞こえます。アルゼンチン人のゲバラがあまりにも「Che」を多用する(当たり前なんだけど)ので、キューバ人たちから「Che Guevara」と呼ばれるようになった逸話が有名ですね。

ただ私にとってどうしてもこの「チェ」が言いづらい。なんかね、

「ちぇ、つまんないの」

の「ちぇ」と被るんですよ。どうもネガティブな感じがして言いにくいんですよね。別に日本にいるとき「ねえ」や「あのさあ」を使わずに喋ってたわけじゃないですよ。むしろ使いまくってた人だと思います、うっとうしいくらい。それが出てこないってことは、やっぱりまだまだモノにできていないんでしょうねえ。けわしいなあ…。
d0035721_662111.jpg

↑部屋にマスコットを置いてみました。「ジャガー」らしいですが…食べられそうです。
d0035721_6102995.jpg

d0035721_6114843.jpg

↑こんなこともできます。
[PR]
by na1jp | 2006-04-21 06:12 | アルゼンチン共和国
<< 春か? アルゼンチンに来て >>
トップ
人生が冗談で終わればいいと思ってる人間のブログです。
by na1jp
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧