最新のトラックバック
ユニコーン wao
from ユニコーンが好きだから♪
スペイン語の単語学習
from スペイン語の単語学習
個人旅行
from ホテルマニア
2005年 05月 06日 ( 1 )
他人の旅行(1)
今日から1週間の予定で母親達がイタリア旅行に出掛けて行った。
「あんたばっかり楽しい思いはさせないわよ」
という魂胆である。
のかどうかは分からないが楽しそうで何よりである。うちの両親も近ごろは時間に余裕が出来たのか、たまーに旅行をする。一緒にではないんだけどね(笑
旅行で味わう緊張感は日頃の「悪性」のものと違ってとても良いと思うし、普段考えもしないような発想が起こったりしてこれもまた楽しい。日常生活は苦しいことの方が多いが、旅行中は楽しいことの方が多い。そりゃ普段より金も使ってるし、だいいち好きなことしかしてないんだもん。
でも旅先で出会う人の中には、旅行中も苦しみの比率のほうが高いように見える人がいる。

例えば「マゾ的貧乏旅行者」
ひたすら安宿に泊まり、利用する交通機関は最もチープなもの。土地土地の郷土料理に舌鼓を打たず、観光ツアーにも全く入らない。節約してまでどこか行きたいところがあるのかと聞けば「あてもない」と答える。金が無いから節約してるのかと思えば、意外に持ってたりする。そんな旅行に面白みがあるのだろうか?と疑問に思うが、本人は結構楽しそうだったりする。日本で節約本でも出版した方が、よっぽど幸せになれるように思うけど。

また別の例では「苦行的徒歩旅行者」
自転車くらいまでは理解できる。
なーぜ歩くのじゃ??
自前のアシが無い代わりに身軽なんだから公共の交通機関を利用すればいいのに。でもまあこの種の人は、なんかしら願掛けみたいなことをしてる場合が多いから、願成就のための手段で歩いてたりするんでしょう。

↑のような方々は、常人の理解をはるかに越えたところに喜びがあったりして理解に苦しむが、そんな人々を旅先でウォッチングしてショックを受けるのも旅の楽しみであったりする。そんなことを言いながら、中南米旅行のことをニヤニヤしながら話す坊主も世間からは異様な目で見られているのかも知れない…。

あれ?こんなこと書くつもりじゃなかったんだけどな−。
[PR]
by na1jp | 2005-05-06 14:16
トップ
人生が冗談で終わればいいと思ってる人間のブログです。
by na1jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧