最新のトラックバック
ユニコーン wao
from ユニコーンが好きだから♪
スペイン語の単語学習
from スペイン語の単語学習
個人旅行
from ホテルマニア
2005年 12月 10日 ( 1 )
オレの敵はオレ
世界はあまりにも広いのでいないことは無いけれど、僧侶が旅行を、それも中南米あたりを旅行してるのは珍しいらしい。当たり前か…。日本人宿なんかで素性をばらした時には、大概驚きと興味津々の目で受けとめられることが多い。でも、そうでない場合もたまにある。

旅行するようになってから「なるほどそうだったのか」と唸ってしまったことの1つだが、僧侶をやっていてなかなか触れ合う機会の少ない若年層の人々にとっては、坊さん(仏教)というのはあまりにも謎の多過ぎる得体の知れない存在だ、ということである。

他の旅行者たちとまあ酒など飲みながら話すとき、日頃仏教・僧侶に対して抱いていながらも、なかなかゆっくりと聞くことのできない質問をぶつけられることがある。彼らにとって僧侶との接点といえば、何年かに1度あるかないかの葬式・法事くらいで、親族・知人の目もあるし、オゴソカな場ゆえに毒吐くどころか、なかなか質問するまでにも至らないのが普通でしょう。それから、どうも法事の席の坊さんは常に時間に追われ、イソイソソワソワしてるイメージがあるそうな。確かにそうだ(笑
でも質問してくれて良いんですよ。それがないと打ち解けていけないじゃあないですかやっぱし。興味本位の質問だとしても別に悪い気はしないし、新しい発見が期待できるので、どちらかというとそういうシチュエーションを期待してさえいますね、私は。

けれど、いつも話が円満に済まされるわけではないです。中には何とかしてこの小坊主を黙らせてやろうと、難解な質問ばっかり投げかけてくる方もいるわけですが、そういう方に限って寺院と神社の違いもよく分かってなかったりします。悲しいことですが寺院と神社の区別がつかない人、どっちが仏様でどっちが神様か分からない人は意外と多くいるようです。

で、そんな敵対心・猜疑心むき出しの目を見るとき、はてこの目つき、今までもよく見かけてきたような…、という半ばデジャヴに近いような感覚に陥るときがある。オレって普段からこんな目で見られてたっけ、そんなに敵多かったっけ?と自分の胸に手を当てて、一刻ほど考えてみたときにハタと気がつく。そうだこの目つきは、法事に嫌々連れて来られた高校生あたりの、特に男子(気のせいか?)がオレに投げかけてくる視線だ。

恐らく彼らは、大事な休日ガールフレンドとデートでもしたかろうに、絶対命令として法事に連行されてきている、はずである。そうして慣れぬ席でオドオドしてるとジイイチャンバアチャン達から「ほらアンタ若いんだから前に行っておすわんなさい」なんて言われて仏壇の前に座らせられたわけで、要領の良い(?)大人はお経が終わる寸前に台所・リビング辺りにフェイドアウトするのだが、若さゆえにそんなテクも無く、、私とヒザ突き合わす距離ぐらいに座ってホントに嫌そうにオレの話を聞く、その彼(彼ら)の目つきを思い出してしまったわけです。

考えてみると、高校時分っていうと大人への1歩を踏み出し始めてころですよ。自分の将来をあれこれと考えながら、いやオレもそろそろいい歳だからしっかりと現実見て歩いてかなきゃダメだな。なんて考えてるところに、いきなり坊さんが出て来て、現実離れしたワケの分からん学校では絶対に教えてくれない話を、膝から下の血が凝固するほど話すもんだから、終いにはその目には憎しみの炎すら沸き立ってる。その血走った目つきと同じものを、私は何人かの旅行者の瞳の中に見るんです。

でも、それを見る時にいつも私は今まで私が怠ってきたこと、やり忘れてきたことを考えるんです。坊さんが言わなきゃ他に誰も言わないようなこと、そんなことをオレは避け続けて、適当に有り難い話でお茶を濁して、猜疑心の塊のその目つきを見て見ぬフリしてきたんじゃないかな、なんて思うんですよね。仏教がテーマにしてること、それはアナタにもアナタにも、アナタにだって関わりの無いことじゃないんですよ。老若男女関係無いことなんですよ。だから中坊だろうが高坊だろうが集って聞いてく必要があるんですよっ。
ってオレは今まで言って来なかったなあ…。そんな自分が誰よりも怠慢で他人任せだったように思える。

現代、仏教は日本人の生活からあまりにも遠い。寺社仏閣が景観の1つとして考えられてるこの昨今に、私はこの世界最南端(のはず)の浄土真宗寺院で拭き掃除などしながら、今晩の忘年会のことを考えて1人ウフフと不気味に笑ったりしてるわけです…。
d0035721_2354635.jpg

↑なにかのパレードか、と思って付いてくと…デモ行進でした。
[PR]
by na1jp | 2005-12-10 03:03 | アルゼンチン共和国
トップ
人生が冗談で終わればいいと思ってる人間のブログです。
by na1jp
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧