最新のトラックバック
ユニコーン wao
from ユニコーンが好きだから♪
スペイン語の単語学習
from スペイン語の単語学習
個人旅行
from ホテルマニア
カテゴリ:ブエノスアイレスのお寺( 1 )
ブエノスアイレスのお寺
よその国の世界地図を見たとき、日本は真ん中には描かれていません。国ごとに出版されている世界地図は、それぞれ自国が中央に描かれているからです。他の国がどこに描かれていようと別に気には留まりませんが、日本が端に描かれているのを目にすると、やはり違和感を感じます。そう感じるのは、私が日頃見ている地図と違うということと、私自身の日本への愛着のせいでしょう。

5年ほど前に南米を3ヶ月余り旅行したことがあります。好奇心、それと自分に箔を付けたいという思いからでした。計画を練り直しながらも順調な旅でしたがアルゼンチンに着いた時、ちょっとしたトラブルに遭いました。結果的には事無きを得たのですが、それがご縁となって私はアルゼンチン唯一の真宗寺院、ブエノスアイレス本願寺教会と出会いました。

当初2、3泊のつもりでしたが、ご好意に甘えている間に気が付けば40日も滞在してしまいました。滞在中、私が垣間見たものは、古き良き日本が残る日系人社会と、そこで大切に守られるお寺でした。
 
アルゼンチンの人口およそ3600万人のうち、97%がスペイン・イタリア系。国民の92%はカトリック信者です。日系人はわずか5万人ほどで、その中にも多種多様な信仰があるでしょう。それらを踏まえると今日の本願寺教会があるために、並々ならぬご苦労があったことは容易に想像出来るわけです。けれど日本のお寺1ヵ寺をみても同じことが言えるのではないでしょうか。労せずに易々と建立されたお寺など無かろうと思います。日本に仏法が伝えられたことを考えても、また同じことが言えるでしょう。多くの人々が仏法をよろこび、伝え、守り抜いてきて下さったお陰に他なりません。

親鸞聖人の著されたご和讃(わさん)のなかに「粟散片州(ぞくさんへんしゅう)」という言葉があります。粟粒(あわつぶ)を撒き散らしたような切れっ端の島国という意味で、日本を表わしています。聖人の中には、日本はちっぽけな端の国という意識がおありだったようです。その聖人にとって、師法然上人との出会いは何ものにも代え難いものでした。たとえ端の国にあろうとも、弥陀の救いにおいては御手の真ん中であると確信させる尊い出会いだったのです。

旅行から戻り実家の本堂にお参りした時、そこにはアルゼンチンと変わらぬ仏様のお顔がありました。平らな地図には必ず真ん中と端があります。地図の上で私は、真ん中から端に…と往復していましたが、ある意味では真ん中から真ん中に旅行していたのかも知れません。


これは本願寺広島別院から月刊で発行されている『見真』の3月号に寄稿した文章です。が、別の原稿が採用されたので、いわゆるボツ原稿になってしまいました。3月号に掲載されたのは「ハカランダの花に思う」です。

【関連リンク】
安芸教区ホームページ
[PR]
by na1jp | 2005-06-23 12:39 | ブエノスアイレスのお寺
トップ
人生が冗談で終わればいいと思ってる人間のブログです。
by na1jp
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧