最新のトラックバック
ユニコーン wao
from ユニコーンが好きだから♪
スペイン語の単語学習
from スペイン語の単語学習
個人旅行
from ホテルマニア
カテゴリ:アルゼンチン共和国( 121 )
「バーゴ」一直線…
一昨日はイングランド。

昨日はアルゼンチン。

今日は日本。


すべてアルゼンチン時間で午後4時キックオフ。学校の始業時間も午後4時。というわけで今週は1回も学校に行きませんでした…。「ちょっと喋れるようになると勉強しなくなる。」、そうですそれは私のことです、ワッハッハ…。


ボビーがニヤニヤしながら、


「お前はフーリガン(ならず者)じゃなくてバーゴ(Vago:なまけ者)だ。」


と嬉しそうに言ってきました。ああそうだよ。だからなんなのさ!?


と開き直ってしまうとブレーキが利かなくなりそうな勢いなので、この辺でサッカー熱は鎮火させたい、と思います。日本も消えてしまったことですし。ちなみに私の周りのアルゼンチン人が日本代表に下した評価は、


「チームとしては悪くない。よく機能している方だ。ただ、『ペチョフリオ』をなんとかしろ。」


てな感じです。「ペチョフリオ」っていうのは、この場合「ハートが無い」ってことですね、多分。「ああ~心にぃ 愛が無ければぁ スーパーヒーローじゃ ないのさぁ~」って歌がありましたよね昔。誰も憶えてないですか?そうですか…。「サッカーを愛する心がうかがえなかった」、そういう風にこっちの人には見えたのかも知れませんね。
d0035721_9105970.jpg

↑サッカー(ボカ)大好きのチョリパン屋ファミリー。商売っ気ゼロです(笑
[PR]
by na1jp | 2006-06-23 09:12 | アルゼンチン共和国
連れ去られる
学校に行かなければ。


休み明けに学校に行くのはツラい。別に命に関わるようなことを教わってるわけではないので、行かなくてもいいんだけど、行かなければ行かないで罪悪感にさいなまれる。そして行かないと行けなくなるのが目に見えているので、なんとか行かねば、と気合を入れる。


気合を入れて部屋を出ると、部屋の外に1人フーリガンがいた。ボビー(イギリス)だった。


「行くぞ。」


「ええ??」


~途中省略~


学校とは正反対の方向に数ブロック歩いた、大きなスクリーンのある適当なカフェバーにて「イングランドvsスウェーデン」戦を観戦することに。「なんでオレまで?」という疑問は当然あるんだけど、まあどうせクラスのイギリス人たちも休んでるに決まってるし…。だからといって、日本人の私まで休んでも良い、という理由にはならないんだけど、ワールドカップが始まってからというもの、母国の試合がある日には「必ず」と言っていいほどみんな休んでいる。私のクラスメイトだけかも知れないけど、イギリス人、ブラジル人、韓国人たちは間違い無くその法則に従って欠席している。


明日は再びアルゼンチン戦。先生は来るのか??
d0035721_843880.jpg

↑ボビーはお酒を飲まない。理由は「飲むと凶暴になるから。」だそうです。
[PR]
by na1jp | 2006-06-21 09:12 | アルゼンチン共和国
雨の日のサン・テルモ
祝日で雨降り、とくれば1日中部屋で本でも読んでゴロゴロしとくしかない!


というのはあくまでも個人的な希望で、1回も宿から出ない、ってわけにはやっぱりいかないので、最低限の用事だけ済ませるために外へ。都合よく雨も止んでいたので、帰り道は近所にあるドレーゴ広場の方を散歩して帰ってきました。


私が今住んでいる「サン・テルモ」という場所は非常に観光地化された場所なので、曜日を問わず常に観光客で賑わっていて、今日みたいな天気の日でもドレーゴまで歩くとちょっとした人ごみを目にすることができます。それから外国人向けの値段設定にしている店も多いので、油断して小粋な店で飲み食いしちゃったりすると、渡された伝票を前にしばらく石化してしまう、というようなこともあります。私だけだと思いますけど…。


とにかく、雨は苦手なのです。「雨が降ればいいのに…」と切望するときもありますけどね(笑
d0035721_4471488.jpg

↑キオスコ・デ・リブロ。ちょっとした雑誌ならすべてここで買えます。ほとんど買ったことないですけど。
d0035721_4492644.jpg

↑八百屋。大根や椎茸なんかも売ってるときがあります。私はアルゼンチンでとうとうブドウの美味さにとりつかれてしまったみたいです。
d0035721_452768.jpg

↑靴屋。日本に帰ったときのために、と思って目下夏用の服を物色中。
d0035721_4535521.jpg

↑近所のメルカド。
d0035721_455586.jpg

↑メルカドの中には、骨董品屋から生鮮食料品売り場まで様々な店が雑居しています。
[PR]
by na1jp | 2006-06-20 04:56 | アルゼンチン共和国
アルゼンチンまた勝ちましたね
雪になりそびれたような雨がブエノスアイレスに降りしきる。「冷たい梅雨」と言ったところです。


昨日のアルゼンチン対セルビア・モンテネグロの試合。今さら語る必要もありませんが、ブエノスアイレスでは試合後、優勝が決まったかのような騒ぎがありました。オベリスコ(方尖塔)の前にたくさんの人が集まって大騒ぎをする一幕もありました。本当に優勝してしまうと、もっと大変なことになるんだろうと思いますが。


最近サッカーのことで宿の老人たちとも話す機会が多いです。とりわけ昔、イタリアはボローニャでプレイしたこともある(真偽不明)シリア人のロベルトは、親切にいろいろと教えてくれます。


失礼な話、いつもニコニコと笑ってチューチューとマテ茶を飲むロベルトを「ちょっとボケてるジイチャン」と思っていたのは、完全な誤解だったようです。老いてもなお枯れぬ知識の泉。そういうのを「老人」と呼ぶのでしょうか。


そのロベルトが最近しきりに、


「日本へ帰りなさい。」


と言うのです。その理由はいろいろとある(私の怠け者っぷりが大きいのか??)んでしょうが、


「君の故郷へ帰ったときに気づく、自分自身の間違いもあるんだからね。」


てな感じの話です。彼自身、遠いシリアからやってきた人間です。自分自身の若いときと私がダブって見える時でもあるのだろうか?と思ったりもするんですが、それ以上の追求に対しては、またいつものニコニコチューチューのロベルトに戻ってしまいます。


ロベルトに言われるまでも無く帰る日は少しずつ近づいています。帰ってからの課題と帰るまでの課題に頭を悩ませる時期がすでに始まっていることの暗示かも知れません。
d0035721_11243945.jpg

↑「エル・スエーニョ・デ・トドス」。「みんなの夢」ってことです。誰に強制されるわけでも無し、人々が盛り上がれるのはなんにせよ素晴らしいな、と思うのです。
d0035721_11403769.jpg

d0035721_1154057.jpg

↑みんな空色と白が大好きです。
d0035721_12132358.jpg

↑大量得点で余裕のチョリパン屋大将。メッシの「とどめ」は効きました。
[PR]
by na1jp | 2006-06-18 12:18 | アルゼンチン共和国
どこそれ?
スペイン語での各国の呼称は日本語と同じのも多いですが、なかには「どこそれ??」と何度も聞き返してしまうくらい違ってる国もあります。…本当にワールドカップネタばっかしで申し訳無いんですが、まあ「乗りかけた船」というやつです。こういう機会でも無ければ、サッカーに興味を持つことなんて無いですからね。

↓さて、全部分かりますかね?ちなみに「´」が付いているところがアクセントの場所だったりします。

d0035721_840326.gifAlemania(アレマニア)

d0035721_8404543.gifEcuador(エクアドール)

d0035721_841078.gifCosta Rica(コスタ リカ)

d0035721_8411212.gifPolonia(ポロニア)

d0035721_8412652.gifInglaterra(イングラテッラ)

d0035721_8413656.gifSuecia(スエスィア)

d0035721_8414771.gifTrinidad y Tobago(トリニダー イ トバゴ)

d0035721_842152.gifParaguay(パラグアイ)

d0035721_8421234.gifArgentina(アルヘンティーナ)

d0035721_8422335.gifPaíses Bajos(パイセス バホス)※日本と同じ言い方で通じます。

d0035721_8423767.gifCosta de Marfil(コスタ デ マルフィル)

d0035721_8425267.gifSerbia y Montenegro(セルビア イ モンテネグロ)

d0035721_843759.gifMéxico(メヒコ)

d0035721_8432454.gifPortugal(ポルトゥガル)

d0035721_8433627.gifAngola(アンゴラ)

d0035721_8434613.gifIrán(イラン)

d0035721_8435680.gifCheca(チェカ)

d0035721_844588.gifItalia(イタリア)

d0035721_8441537.gifGhana(ガーナ)

d0035721_8442733.gifEstados Unidos(エスタードス ウニードス)

d0035721_8443840.gifAustralia(アウストラリア)

d0035721_8445089.gifBrasil(ブラスィル)

d0035721_845120.gifCroacia(クロアスィア)

d0035721_8451169.gifJapón(ハポン)

d0035721_8453321.gifCorea del sur(コレア デル スル)

d0035721_8454722.gifFrancia(フランスィア)

d0035721_846118.gifSuiza(スイサ)

d0035721_8461678.gifTogo(トーゴ)

d0035721_8462916.gifEspaña(エスパーニャ)

d0035721_8464450.gifArabia Saudí (アラビア サウディ)

d0035721_847090.gifTúnez(トゥネス)

d0035721_8471665.gifUcrania(ウクラニア)
[PR]
by na1jp | 2006-06-15 08:21 | アルゼンチン共和国
テーハミングッ♪
テーハミングッ♪

ドドンドドンドン♪

テーハミングッ♪

ドドンドドンドン♪


決してバカになったわけではありません。今日は韓国とトーゴの試合の日でした。前々から韓国人の友人に、


「韓国の試合を一緒に観よう。」


と誘われていたので、これはなにか面白いことが起こる兆しなのではないだろうか、と思い、本日アルゼンチン時間で午前10時キックオフの試合を観るために、郊外にある韓国人街に潜入してきました。
d0035721_7281865.jpg

会場は韓国人街の一角にある韓国人学校。体育館のような大きなホールには大スクリーンが設置され、会場中真っ赤でものすごい熱気でした。私も「赤い服を着て行かねば!」と数日前に友人から借りておいたインデペンディエンテの100周年記念モデルTシャツを着て臨んだわけです。が、実際その場においては赤で「韓国」と書いてないTシャツは妙に浮いてしまい、そそくさと上着で隠してしまう始末でした。


あまりの混雑ぶりにまいってしまい、どこかもう少し落ち着いて観れるところはないのか、と校内を探検していると↑のような「小学生の部」みたいなところに着いてしまい、案外同じ心境で辿り着いた感じの人が多かったもんですから、そのまんまここで観戦することに。ちなみに後ろの方ではオバチャンたちが給食の準備をしていました。タバコを吸って先生に怒鳴られるオヤジもいました。
d0035721_7441930.jpg

d0035721_7464539.jpg

試合結果はあらためて語る必要も無いと思いますが、後半の逆転で韓国が勝利。韓国人街全体が歓声に包まれた瞬間でした。初期設定状態で熱めの彼らがアルゼンチン流の応援スタイルでさらに過激に。在アルゼンチン韓国人サッカーファンの勢いは止まりません。
d0035721_7563398.jpg
d0035721_7572424.jpg

[PR]
by na1jp | 2006-06-14 07:57 | アルゼンチン共和国
恐るべしヒディンク先生
いやいや、思いもよらぬ大敗にさぞかし皆さんガックシされてることでしょう。
一番肩を落としてるのはジーコ先生かも知れませんが。


ブエノスの人々も、


「なんだあの試合は!?キーパー(川口)はいいがあとのはマリコーンばっかしだ。」


「マリコーン」というのは…まあ説明するのはやめときます。とにかくアルゼンチンの人もびっくりするくらいの負けっぷりだったってことです。


宿の住人ロベルト(シリア人:若いころはプロサッカー選手で、大昔にはイタリア・ボローニャでプレイした経験も有り。でも真偽不明)も、マテ茶をチューチュー飲みながら、


「Desastre(デサストレ:ひどい結果だ)」


とボヤいていました。


あと2試合。両方厳しい相手ですが、劣勢のときほど派手に、頼もしく応援するアルゼンチンのサッカーファンのように熱い声援を送り続けたいです。望みが消えたときに暴れだすのまでは真似しませんが。
[PR]
by na1jp | 2006-06-13 06:55 | アルゼンチン共和国
アルゼンチン勝ちました
d0035721_6145746.jpg

あら?今日は日曜日だったか?


と思わせるほどの街の静まりよう。それもそのはず。今日はアルゼンチンの初戦でした。アルゼンチンの試合はすべて地上波で観戦できる(当たり前★)ので、人々はしっかりと準備をして家に閉じこもってるのです。それを知らない我々は、「場末の酒場でバー観戦でも…」と少し歩き回ってみたんですが…国内のリーグ戦のときはあれほど群がっていたインチャ(熱烈サポーター)たちの姿もまったくありませんでした。
d0035721_6243480.jpg

結局我々は角のチョリパン屋に腰を落ち着けて応援することに。居るのはチョリパン一家と我々ビクトリア一族だけ。メンツはそれぞれ好みのチームがあるんですが、ワールドカップに限っては、各チームのファン同士の仲の悪さも忘れ、お互い手に手をとりともに応援に専念するわけです。
d0035721_6292555.jpg

初戦の相手はコート・ジボアール。「強いのこの国?」と聞くと、「現在アフリカでは最強クラスらしいぞ。」との説明でした。


午後4時(アルゼンチン時間)に始まった試合は、前半アルゼンチンがクレスポ、サビオラのゴールで2点を取り押せ押せムードに。ゴールが入るたびに、家々からの歓声が通りに響き、走る車からはクラクションの連打が。


「やっぱ強えーぜアルゼンチン。」とみんな顔がほころびっぱなし。だったんですが、コート・ジボアールも相当鍛えてきてました。疲れちゃったのか後半1点入れられてからの流れはヒヤヒヤもので、後半終了5分前の一同の顔は笑えるほど泣きそうでした。しまいには「ボカの選手と交代したから流れが変わった。」「うるせー、リーベルのやつを入れたから調子が狂ったんだ。」とののしり合う始末。無事に勝てたからよかったものの…。


試合が終わると、急に時間が動き出したかのように通りに人が増え始めました。平日の試合のときはどうなってしまうのか。今から心配です。
[PR]
by na1jp | 2006-06-11 06:50 | アルゼンチン共和国
帰ります
まだ帰りませんけどね。


でもそろそろチケット押さえとかないとマズい時期なので探してるのは事実です。
日本の夏休みもこっちでチケット買うぶんには関係無いだろ、と甘く見てたら…こっちは冬休みですか。私が買うときゃいつもハイシーズン…。しばらく旅行者らしいことしてなかったので、この地道な作業が苦痛です。日本までの航程を考えるのも苦痛です。まるで苦行のようです。


日本は遠い。
d0035721_11374362.jpg

↑雨の後は寒くなる。これの繰り返しのようです。
[PR]
by na1jp | 2006-06-10 11:50 | アルゼンチン共和国
最近ようやく気づいたこと 「年齢」
ブエノスアイレスが雨期に突入したようです。さながら梅雨の様相。あ、日本も梅雨みたいですね。寒いのに湿っぽい、っていうのはどうも調子が狂ってしまいお肌が荒れそうです(そういう問題じゃないけど)。それでも数ヶ月前のシェラ(グァテマラ)と比べれば全然平気か。


「泥棒宿ビクトリア」の噂が遥かメキシコシティーの方まで轟いているようで、最近ではすっかりと日本人旅行者の訪れる数が減ったようです。住んでる人間にとってはキッチンも空いてて樂なんですけどね。


それでも時々は新しい日本人がやってくるので、楽しい旅行の話なんかを聞かせてもらったりしてます。


そんなある日、ある旅行者との会話中にふと、


なぜこの人は高校時代の話をやたらと持ち出してくるのだろう?


と疑問に思ったんですが、よくよく考えると話し相手の彼はまだ20過ぎの若者なわけです。高校時代がつい2、3年前。そりゃ会話の中にたくさん出てくるわけだわ。かたやこちらは31歳。高校卒業してから13年ですか。忘れたことの多いこと。時間が経つのは早いです。


いつまでも若いつもりでいるんですけどね。こんな風に年齢差を実感したときや、サッカーした翌々日に筋肉が悲鳴をあげ始めたときなんかは、


オレって若くないのね、グスン。


なんて思ってみたり。日本に帰ったら1回人間ドックに行こうかな、と思う今日この頃です。
[PR]
by na1jp | 2006-06-09 10:47 | アルゼンチン共和国
トップ
人生が冗談で終わればいいと思ってる人間のブログです。
by na1jp
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧