最新のトラックバック
ユニコーン wao
from ユニコーンが好きだから♪
スペイン語の単語学習
from スペイン語の単語学習
個人旅行
from ホテルマニア
<   2009年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
バラナシ ガンジス河からの朝日
d0035721_212912100.jpg

↑バラナシの方から見た朝日。

今は亡きハードディスクの中からサルベージした画像ファイルを整理していると、見慣れぬ写真が。どうもうちの両親がインド&ネパールを旅行した時に撮影したもののようです。家族のデジカメ写真もまとめて管理してましたからね。

バラナシ(ベナレス)は、現存最古の一角を残すインドの都市ですが、私もかつて1回行ったことがあります。個人的にインドは気疲れしやすい(物乞い・売り子・親切の押し売られ等により)ので敬遠気味なんですが、バラナシにはいつか再訪したいな、と思ってます。
d0035721_21591322.jpg

↑これは自分で撮影してます。夜のバラナシをリキシャでぶっ飛ばしてもらいました。酷い手ブレですね(笑
d0035721_2215224.jpg

↑このカオスっぷりがたまらん。
[PR]
by na1jp | 2009-01-30 22:03
好きな写真
咳が止まりませんね、くそー。

d0035721_21414997.jpg

↑ピンボケで手ぶれもいいところなんですが、なぜか気に入ってます。

旅行中はいつも手持ちのデジカメの一番小さい画像サイズで撮影してました。加工無しでアップロードできるサイズだったんで重宝してたんですが、引き伸してプリントするのはキツいかな、って感じです。でもまあ四つ切りなら許せるレベルかな(個人的に)。

UBA(ブエノスアイレス大学)からサン・テルモの宿に帰るまでの道で撮ったものなんですが、7月9日通りと交差するどれかの通りです(どの通りか失念してしまいました)。

この差し込む光の感じがなんとも言えず好きです。
[PR]
by na1jp | 2009-01-29 21:51 | アルゼンチン共和国
あのドラマのロケ地は波照間島だったんですか!?
う〜〜〜寒い…。寒すぎる。
も、もしかしてオレのギャグが寒いのか?それともキャラが寒いのか??

と思っていたら、ただの風邪でした。よかったよかった。
とゆーふうに安心できたらよかったんですが、実際かなり重症だったので、この4日間くらい本格的に滅んでいた感じです。流行のインフルエンザも疑ったんですが、ただの風邪だったので、その点ではまあよかったかな、と思ってます。

以前、テレビで葉加瀬太郎氏が、「弱った時こそ肉を食う」的なことをお話しになっていたのを思い出し、そうだこんな時こそ肉を食いに行ってみようかな…と少し思ったんですが、今現在、食い物の味が全然しない状態になってるので、もう少し回復するのを待つことにします。

さて、寝ながらテレビを見ていると、TBSの「日曜劇場 本日も晴れ。異状なし」というドラマのCMが流れました。坂口憲二さんが主役の南の島を舞台にしたドラマのようでした。私、坂口憲二さんには少し好感を持ってるんです。

以前、中米のグァテマラを旅行した時に、アンティグアという街を訪れたことがあります。その街ではペンション田代という日本人宿に泊まらせてもらったんですが、私が訪れるしばらく前に坂口さんがお仕事でやって来て、同宿に宿泊されてたみたいです。

そんだけなんですけどね(笑

ドラマの話に戻ります。
このドラマの舞台になっている島。なんか…どっかで見たことあるような場所だなあ、って感じがしてたんですが、坂口さん扮する駐在さんが自転車で坂を下ってゆくシーンが映った瞬間、一瞬で謎が解けました。波照間島(はてるまじま)ですねこのロケ地。

波照間の語源は「珊瑚礁の最果て」という意味だそうです。この島が結構好きで、もう何回も行ってるんですが、行くまでにかなり気合いが必要です。それでも、静かだしハブもいないんで、何日もダラダラと滞在していつも保養させてもらってます。

年始から始まったこのドラマ。波照間だし坂口さんだし、少し観てみようかな(笑
d0035721_21402064.jpg

↑例の坂。ニシ浜というビーチにつながってます。「ニシ浜」と言いながら島の北側にあるのは、「ニシ」が現地の言葉で「北」を意味するからだそうです。
d0035721_2155572.jpg
d0035721_21552234.jpg
d0035721_21544420.jpg
d0035721_21545429.jpg
d0035721_2155668.jpg

[PR]
by na1jp | 2009-01-22 21:56
CHE Tシャツ
d0035721_22355510.jpg

↑アルゼンチンで買ったTシャツです。急に思い出しました(笑
マラドーナとゲバラで、

「FUTBOL REVOLUCION (フットボール革命)」

…かなりベタですが、アルゼンチン出身の2人が並んだTシャツはちょっと面白いかな、と思って買ってしまいました。
d0035721_224866.jpg

↑細かいところでは、ベレー帽の例の一つ星が「M」の字と合体してます。少し心配になったのか、ご丁寧にフルネームも入ってます(笑

土産物屋で売ってた商品なんで、正直品質が悪いです。もはや観賞用か?
[PR]
by na1jp | 2009-01-16 23:00
映画『CHE 28歳の革命』
d0035721_14574144.jpg

『CHE』を観に行ってきました。

今月10日から公開されてて、月末には続編が公開されるという怒濤の勢いです。このところ忙しいので、月末に一気に観ようかと思ってたんですが、我慢できなくなり観に行ってしまいました。

2時間半近く通して革命のお話で、少々疲れますが、ベニシオ・デル・トロがかなり頑張っている(すごく似てる、と思いました)ので一気に観れてしまいました。興味のある方はこの機会に是非。


↑『CHE 28歳の革命』予告編


↑『CHE 39歳別れの手紙』予告編
[PR]
by na1jp | 2009-01-15 15:13
PCのデータが消滅した日
毎日コソコソ更新している私ですが、「なんでまた今になって」かといえば、別に意味は無くって、ただ最近はまたブログをいじる余裕ができたから、ってとこです。

去年はホントに辛くって…といっても人生的にとかではなく、うちにある2台のMacのハードディスクがほぼ同時に壊れてしまったり、バックアップ用の外付けハードディスクのデータを全て消してしまったりで…思い出すだけでも気が滅入ります。

2008年中頃のITmedia News『失恋より辛い「PCの全データ消滅」 シマンテック調査』という記事が載ってたんですが、その時はまだ問題を抱えてなかったんで、「ふーんみんなそんな風に思ってんのね」とハナクソホジホジしながら、記事を拝見してたと思います。

…それからしばらくしてまさか自分の身に起こるなんて、グスン。

10年以上蓄え続けてきたあんなデータやこんなデータ。データと一緒に自分も消滅してしまったような気がして、冗談抜きで数日落ち込んでしまいました。データ消滅のショックと失恋のショックを比べるというのはちょっと無理な気もしますが、自分の中の一部が消えてしまった感じ、というところで少し似てるのかなあ…なんて思います。

データ復旧ソフトを使ってサルベージを試みたところ、全体の半分くらいの量のデータが蘇ったんですが、膨大な量のファイルがすべて連番名にリネームされてて、1つ1つ確認して仕分けしてゆくのは現実的にちょっと無理な感じです。というか諦めました。と言いながら一応取ってあるんですが(笑

知り合いの中にクラッシュやデータ消滅のリスクを考えて、かたくなにPCを拒む方がいますが、データ消滅にしろ失恋にしろ、後になって笑い話のネタになるんですから、なんでも経験してみるもんです。

とは言え、音楽データと写真のデータは別にバックアップ取っといてよかった。それまで消えてたらホント…。
[PR]
by na1jp | 2009-01-14 16:14
吉本新喜劇とアジャセの物語
「ユニコーン復活」の話題に触れた途端、このブログには珍しくカウンターが異様な伸びを見せたので、急に恐ろしくなってしまいました(笑
覗いて下さったユニコーンファンの皆さん、有益な情報も提供できず申し訳ないです。でも、この様子だとコンサートはかなり盛り上がりそうですね。

さて、
私の地元、広島には「春秋会(しゅんじゅうかい)」という浄土真宗の青年僧侶の会があります。その春秋会の企画で本年2月末に↓のようなイベントが催されます。
d0035721_823413.jpg

お経とお笑いのコラボレーション!

…私は青年僧侶(のつもり)ですが、この会には所属していない不届き者なので、企画に関して細かく説明はできませんが、とても面白そうな企画です。興味のある方は是非!!


↑現在CMが放送中のようです。どなたかYouTubeにUPしてるのを発見したので貼付けさせていただきました。
[PR]
by na1jp | 2009-01-13 08:22
ユニコーンが復活してますね
タイトルの通りなんですが、ユニコーンが復活してますね。早速全国ツアーも展開するみたいです。

私は別に熱烈なファンだったわけじゃないんですが、同郷だしリアルタイムでしたからね。カラオケ行ってもみんな歌ってましたよ。懐かしいですね。

私が通ってた高校から少し行ったところに、民生氏がバイトしてたハロー白島という喫茶店がありました。そこには「民生スペシャル」なるメニューがあったそうで、「1回くらい食ってみたいなぁ」と思ってた記憶があります。お店はすでに閉店してしまったようです。
[PR]
by na1jp | 2009-01-12 11:01
遠くからの年賀状
自堕落な生活のおかげで、すっかりと体内時計が破壊されてしまったようです。夜に眠りたくても全く眠れない感じなんで、最近はすっかりとあきらめて力尽きるまで思う存分自分のやりたいことをやるようにしています。油断し過ぎるとYouTubeなど見始めて大変な朝を迎えることになるんですが…。

さて、年末年始恒例の年賀状作業もようやく終了した感じです。数年前の海外逃亡によって、ほぼ存在を忘れ去られたものと思っていたんですが、帰国して元気に過ごしていると年々枚数が増えてきて、早くも数十枚レベル。この調子で対応していると100枚越えも近未来的観測な話でしょう。常々、「年賀状などこの世から消え去ってしまえ〜〜〜!」と願い続けている私ですらこんな調子なんですから、皆様におかれましてはご苦労いかばかりかとお察しいたします。

大量に紙を消費する「習慣」というのは資源のムダ遣いだし、もっと違う形で新年のご挨拶ができないものだろうか、と考えたりもするんですが、長らく続いてきたこの習慣、楽しみにしている人も多いのでしょう。せめて近隣の人に対しては直接ご挨拶をし、遠方でなかなか会う機会が無い人に対してだけ年賀状、というふうにはならないもんでしょうかね…。
d0035721_14251117.jpg

↑アルゼンチンの親友から年賀状が届きました。「San Telmo(サン・テルモ)」というのは地名で、私がかつて住んでいた下町あたりです。あえてこのカードを選ぶとは、心憎いですね。
[PR]
by na1jp | 2009-01-09 14:31
映画『ブラジルから来たおじいちゃん』
d0035721_15313584.jpg

先月のことなんですが、横川シネマ『ブラジルから来たおじいちゃん』という映画を観ました。

私が観に行った日は公開初日で、監督の挨拶や出演者 紺野氏とのSkype中継トークなどがあり盛り沢山の内容でした。59分の上映時間やドキュメンタリー映画ということで万人向けとは言い難いですが、おじいちゃん(紺野氏)の日系人やデカセギに対する思いやり、人に対する愛情を感じることができる温かい映画だと思います。


↑『ブラジルから来たおじいちゃん』予告編
[PR]
by na1jp | 2009-01-08 15:52
トップ
人生が冗談で終わればいいと思ってる人間のブログです。
by na1jp
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧