最新のトラックバック
ユニコーン wao
from ユニコーンが好きだから♪
スペイン語の単語学習
from スペイン語の単語学習
個人旅行
from ホテルマニア
2005年 08月 31日 ( 1 )
シェラ:43日目
グァテマラのスペイン語の発音は比較的クセが少ない、といわれている。国民の大多数を占めるインディヘナたちの話しぶりもゆっくりしていて、初心者の私でも聞きとり易い(割と)。
とはいえ、日本語でも聞き取りにくい人がいるように、同じスペイン語を喋っていても、早口だったり、活舌が悪かったりして聴きとり難い人に会うことがある。
そういう時には素直に、
「分かりません。」
とはっきり伝えるのが現時点での最高の親切だと自分を納得させている(無理矢理)。

逆にこっちがどんなに一生懸命話しかけてみても、「全く理解してもらえないっス…」ということが極たまにある。
発音も文法も気をつけて気をつけて話しかけているのに、
「あ~ん?全くわかんねえよ。」
みたいな素振りをされると本当に辛くて、家に帰り布団をかぶって泣いてしまう(ウソ)。
そういう人は話を聞くもなにも、私みたいな東洋系のガイジンさんがスペイン語で話しかけてくるなんてハナっから想像もしてないんだろう。私の必死の訴えも、頭の中に届く前にどこかでかき消されているに違いない。


つい先日、安飯屋で食事をしていた時のこと、

食事を終えて帰り際のグァテマラ青年が、私たちの存在に気付いてなにやら親しげに声を掛けてきた。
聞き取れたものの何という意味か分からず、

「んーゴメン。どういう意味なのか分かんないよ」

と謝ると、青年はショボーンな顔をして出口に向かって去っていった。
その数秒後、青年がなんと言ったのか理解できた。

「ゲンキデスカ?」

と言っていたのだった。
店から出る寸前の彼の背中に向かって2人して、

「元気ですよっ!」

と大声で叫ぶと、彼は振り向きニッコリと笑って出て行った。

こんなところでガイジンさんから日本語で話しかけられるわけない、という先入観が簡単な日本語も理解出来なくさせていた。勝手な思い込みは意思疎通にとっての一番の障害物かも知れません。

そしてまた、言葉など無くっても何を思っているのか伝わる時もある。
そういうことは今みたいに必死で言葉を勉強し、しがみ付いてみなければ考える機会に恵まれなかったことかも知れない。

ナニゴトも勉強ですね…。
d0035721_6471157.jpg

↑BIMBO号発見!
d0035721_6533395.jpg

↑記念撮影しました。
[PR]
by na1jp | 2005-08-31 07:49 | グァテマラ共和国
トップ
人生が冗談で終わればいいと思ってる人間のブログです。
by na1jp
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧